平成31年(2019)1月3日新春・温泉神事とからのクルミ

2019.01.03

曇り空の中10時より恒例の鵜の浜温泉源泉に御礼とこれからの安定供給を祈願しました。

昭和33年(1958年)に開湯し昭和63年(1988年)まで30年間1号から4号井戸まで出が悪くなるたびに掘削を繰り返したそうです。

平成元年(1988年)から平成25年(2013年)25年間5号井戸が活躍してくれました。平成16年19年と地震に会い平成24年秋に掘削12月湧出したのが現在の6号井戸であります。

去年平成30年(2018年)が開湯60周年でした。

神棚は5号井戸の機械室にあります。300メートル離れた6号井戸からここにある10トンの貯湯槽に圧送されてきてここから各宿に送られています。

こうしてみると約25年から30年が源泉水位が落ちてしまうようです・・・・・・

神のみぞ知る事柄祈るしかありません!!

帰り際に駐車場にカラスが海岸で拾ってきたクルミを道路に落とし通過する車にクルミを割らせてここにくわえてきて食べたんでしょう。

コッンと音がするんですよ!!

頭が良いです。明るくなり暗くなるまで1日中食べ物を探しています・・・・お正月も何もないんでしょうね・・・(感傷的になります。

明日仕事始め土曜・日曜と休み どうしましょ?

今回の記者

henshu